病気を遠ざける成分

魚

予防にも改善にも使える

近頃では骨の煩わしさから魚を敬遠する人も多いようです。魚にはDHAと呼ばれる必須脂肪酸が豊富に含まれているので、工夫をして苦痛にならないように魚を食べる習慣を身に付けましょう。DHAはドコサヘキサエン酸とも呼ばれ、その効果は科学的にも認められています。効能は様々ですが、広く知られているのが血液をサラサラにする作用です。血液中には赤血球や水分の他に、コレステロールなども含まれています。コレステロールは正常の範囲内であれば悪さをする事は無く、むしろホルモンの材料になったり、細胞膜を作る為に欠かせない存在だったりします。しかし、基準値を超えてしまうと血管の壁にへばり付いてしまい、それが酸化する事で血管を固く狭いものへと変えてしまうのです。この症状は動脈硬化と呼ばれ、血の流れが悪くなり血栓の原因にもなる恐ろしい病気です。DHAには、血中のコレステロール量を減らすと共に、血管や細胞膜を柔らかくする効果があります。動脈硬化やそれに伴う血圧の上昇など、血管のトラブルに対して発揮されるDHAの力は折り紙付きです。DHAは1日1g以上の摂取が健康的に有効とされています。数字だけ見れば、毎日たった1gで良いのなら簡単な事だと考えてしまいそうですが、DHAには酸化し易いという特徴がある為、魚自体から摂取するのは案外難しいのです。しかし、サプリメントを使えば比較的簡単に必要な分量を摂れるので、バランスの良い食事と共に上手く活用しましょう。