婦人

脳の働きを活発化させる

人間の身体に様々な効果をもたらすことで有名なDHAは、今も昔も多くの方が必要としている成分で、サプリメントも販売されるようになりました。DHAの特徴や効率の良い摂取方法を学び、今後の健康や病気の予防に役立てていきましょう。

魚

健康維持の方法

医学の進歩により、平均寿命が延び、健康に長生きするために、健康への意識が高まっています。青魚に含まれるDHAは、脳を活性化させたり、血液をサラサラにさせたりする効果がありますので、生活習慣病などに効果があります。

サプリ

健康になろう

DHAは魚油やえごま油に含まれる、血中コレステロール濃度を下げる働きをする栄養素です。そして、これは栄養補助食品で摂取することもできます。その際には過剰摂取に注意しましょう。基本的に一日3グラム、日本では1グラムがいいとされています。

魚

病気を遠ざける成分

血管の病気は時に命を奪ってしまうほどの怖さを秘めています。DHAは血管を柔らかくして動脈硬化を予防する効果があるので、積極的に取り入れたい成分です。魚の骨や臭いが苦手な人でも、サプリメントならば簡単に摂取が出来るので安心です。

栄養剤

健康食品で身体作り

DHAのことについていろいろ説明してきましたが、やはり忙し中、食事よりサプリのほうが便利なので、値段も手ごろで酸化防止剤も入っている成分のきちんとしてるサプリを購買して、適量を毎日摂取してたら良いのではないでしょうか。

オメガ3脂肪酸の力

栄養補助食品

生活習慣病の予防にも

頭が良くなるとか血液をサラサラにするとか、さまざまな効果で注目されているDHAは、オメガ3脂肪酸の一種です。脂肪といっても皮下脂肪にはほとんど含まれておらず、脳や神経に多く含まれるのが特徴です。DHAに似た脂肪酸にEPAがありますが、EPAは脳には含まれていません。そのため脳の機能を強化するには、EPAよりもDHAのほうが効果的とされています。成長期の子供の学習を助けるだけでなく、アルツハイマーの予防やうつ病の改善に効果があるという研究結果も見られます。オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸に分類され、きわめて固まりにくい性質を持っています。これが血液サラサラ効果をもたらす元になります。血液中に中性脂肪やコレステロールが多いと、やがて血管が詰まり動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞といった重い症状に繋がりかねません。DHAやEPAのようなオメガ3脂肪酸には、血液中の中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があるとされています。また血圧や血糖値を下げる作用も期待でき、生活習慣病を予防するには欠かせない栄養素と言えるでしょう。DHAを豊富に含む食品としては青魚が知られています。昔の日本では青魚の消費量が多く、DHAは特に不足する栄養素ではありませんでしたが、食生活が大きく変化したため、今ではDHAの積極的な摂取が推奨されています。食事が偏りがちな方や魚類が苦手な方は、サプリメントでDHAを補うのも良いでしょう。